HOME > NEWS & TOPICS > アーカイブ > 2014年1月アーカイブ

NEWS & TOPICS 2014年1月アーカイブ

取り扱いコスメ、セミナーのご案内

当スクールでご使用いただくコスメのセミナーが
毎月2日間で当スクール研修ルームで開催しております。
1月の開催はございませんが、2月の予定のご案内です。
ヨーロッパの高機能コスメが7ブランド、ロンヴェロップレショーファント、
ビデンスシリーズ等、内面ケア商品など、スクールを受講されていない方でも
無料でご参加いただけます。
新しく商品の導入をお考えの方や、コスメが好きな方!
受講をしたら、必ず商品を購入しなければいけないということでもありませんので
お気軽にご参加いただければと思います。
(※商品につきましては、委託販売可能です。)

2014年2月4日(火)、2月5日(水)

ブランドが多いため2日にわけて開催されますが、
1日だけの受講も可能です。


脈診会のご案内

12月に開催させて頂いた脈診会ですが、
大盛況で、すぐに予約がうまってしまいました。
受けられた方は、皆様「すご~い!」と驚いておられました。

前回日程のご都合がつかなかった方や
前回脈診の中で心配があった方のために
先生がもう一度こちらに来てくださることになりました。

まだ告知は以上の方々にしかできておりませんが、
予約は既に三分の一ぐらいうまってしまいました。
日程は
3月11日(火)
3月12日(水)

の2日間を予定しております。

病院に行くほどではないけれど、最近体の調子が悪い方や
脈診ってどんなものなのか知りたい方など、
是非、いろんな方に体験していただければと思います。
※無料で診ていただけます。

本日のエステ塾(A研)

本日は今年2回目のエステ塾(A研)です。
新しく入校された方や、高知県からもご参加いただきました。
今年に入り講義内容が、新しくなり
芳香療法についても学んで頂けます。

技術の方も皆様真剣にそして楽しくお勉強されております。
途中入会もOKですので、ご興味ある方は是非見学にお越しください。
A研実技.JPG

2014年"ELTコンセイエプロジェクト「エコール スペリユール ド コスメティック ELT」"募集

寒気の影響で毎日寒い日々が続いておりますね!
インフルエンザや嘔吐下痢などのウィルス性の病気には要注意の季節です!

さて、年も明けて2014年4月開講
"ELTコンセイエプロジェクト「エコール スペリユール ド コスメティック ELT」"
5期生の募集のご案内です。

学問としてだけの講義でなくインターナショナルコスメティックビジネスの経営者として
社会進出を計れるようにサポートしていくカリキュラムになっております。
■学科 合計36単位 72時間
<必須科目>
  • 皮膚学 (人体・皮膚科学理論・皮膚健康概論) 6単位
  • カウンセリング学 (カウンセリング概論・生理学・栄養学・和漢健康学・心理学)12単位
  • コスメティック学 (コスメティックビジネスの世界市場・日本の法令・各種カテゴリー・セールス概論)12単位
  • サロンビジネス学 (経営とは・利益とは・顧客満足とは・集客とは・マーケティング概論)6単位
■実技 合計36単位 72時間
<必須科目>
  • セールストリートメント 12単位
  • フェイシャルトリートメント 12単位
  • ボディトリートメント 12単位
1年間みっちりお勉強して頂きますが
こちらのニュース&トピックスでもご紹介してますが、皆様とても楽しくお勉強されております。
4期生には、小さいお子様がいらっしゃるママさんが3人
バリバリお仕事をされている20代、30代の方2人
年齢層も20代の方から60代の方まで幅広くいらっしゃいます。
美容と健康に関しての学びに年齢は関係ありません。
日程に関しても皆様でスケジュールを合わせながら開催しますので
無理なく受けて頂けます。
 

講師はこの道30数年で経験豊富なプレミアムコスメティックマスター
が担当させていただきます。
 

いよいよ明日から2014年1回目のエステ塾

改めまして、本年も宜しくお願い申し上げます。
皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
年が明け、気分新たに何かチャレンジを!と考えておられる方!
美容と健康を学ぶということは日常生活でもとても役にたちます。
是非エステ塾で美容と健康について学んでいただければと思います。

明日から2014年1回目のエステ塾です。
今年も新しいことをとりいれていきます。
是非、再受講の方もお越しいただければと思います。shine


新年明けましておめでとうございます。

2014年賀状.jpg

1

« 2013年12月 | メインページ | アーカイブ | 2014年2月 »

このページのトップへ